【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう

女の人

医療や福祉などで活躍

人間が自然と行うことが出来る話したり聞いたり食べたりする行動は、怪我や病気など何らかの原因によって正常に機能しなくなってしまうことがあります。そういった人の社会復帰を手助けするのが言語聴覚士です。言語聴覚士になるには養成学校に通う必要があり、私立であれば初年度で150万円程度の費用がかかります。

大学生

言葉の悩みを助けます

言語聴覚士の仕事は言葉が上手に話せない言語障害や聴覚障害、咀嚼が苦手な摂食障害の人をサポートしていきます。育成学校では視覚や聴覚の構造から先天性の病気、子供の発達障害などを学び、個々に合わせて改善できるよう手助けしていきます。

勉強

募集の多い人気の職業

言語聴覚士は需要のある人気の職業で、学校を出て国家試験に合格すれば免許を獲る事が出来ます。しかし、就職率が高いとか、ニーズが高いからという理由だけで務まる職業ではないと言えます。その為に、言語聴覚士として働いて行くには明確な動機も必要となります。

教材を持つ人

障害をサポートします

言語聴覚士は専門学校で幅広く知識を習得することができます。子供から高齢者まで個々人の原因に合わせて改善のサポートをしていきます。また、言語障害が身体的な障害だけでなく精神的な負担をも考えて原因を探し出していきます。

ハート

会話と食事のリハビリを

会話をしたり食事をしたり出来なくなってしまった人のリハビリを助けるのが言語聴覚士としての仕事です。なるためには国家資格の取得が必要であり、養成学校に通ったり専攻科を選ぶ必要があります。言語聴覚士は医療現場では単独でリハビリを行うのではなく、他の医療関係者と連携して仕事をすることになります。

あらゆる世代に対応します

勉強する人

幅広く知識を習得できます

言語聴覚士は、言語や聴覚、発声、発音に関する問題をサポートしてくれる専門職です。医者や歯科医師、看護師、理学療法士といった医療機関での仕事や、ケースワーカーや介護福祉士といった保健福祉機関で働くこともできます。言語聴覚士を目指す学校では、このような幅広い専門職と一緒に行動し、コミュニケーションがうまくとれない人をバックアップさせる知識を習得します。話す、聞く、表現する、食べるといった行為を妨げる要素はさまざまあります。事故や病気から生じるものや、生まれつきの発達障害からくるものもあります。例えば、脳卒中による失語症や聴覚障害などが挙げられます。また、加齢により今までできていたことが上手に動かないといったケースもあります。精神的なうつ状態から発症する言語障害もあり、言語聴覚士は幅広く原因を探しだす必要があります。言語聴覚士を育てる学校では、対処法を探すための検査や訓練、指導、助言ができるようメディカルスタッフを育成します。本人だけでなく家族の支援も大切です。家族とのコミュニケーションや通っている学校などの教育現場との提携を行っています。聴覚障害が原因ならば補聴器のフィッティングをしたり、話すことに障害がある場合には、声帯、舌、唇を動かす訓練を行います。上手に咀嚼ができずに飲み込めない摂食障害では、器官の運動を訓練していきます。学校でのさまざまな知識の習得から子供から高齢者まで幅広く言語聴覚障害を助けることができます。

Copyright© 2017 【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.