【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう

会話と食事のリハビリを

ハート

様々な方法で

人間は普段から話したり聞いたりといった行動を特に意識をせずに行っています。食べるという行動も一緒で、普通であれば特に問題なく行うことが出来ます。しかし、病気や怪我であったり加齢による影響であったりと何らかの原因によって普段意識すること無く行えていたことが出来なくなってしまうことがあります。こういった会話や食事のリハビリを助けるのが言語聴覚士の仕事です。言語聴覚士になるためには国家資格である專門の資格を取得する必要があります。この資格は養成学校に通って專門のカリキュラムを受ける必要があり、養成学校に通わずに取得することは出来ません。言語聴覚士の養成学校には高校を卒業してから通う方法と、大学を出てから専攻科に通う必要があります。また、専門学校ではなく文部科学大臣が指定する大学や短大を卒業することでも受験資格を得ることが出来ます。大学や短大、もしくは養成学校に通う場合には3年から4年通う必要があります。普通の4年制大学を卒業してから養成学校に通う場合には、大学や大学院の専攻科に2年間通う必要があります。その場合には2年間で言語聴覚士として必要な知識と技術を全て学ぶ必要がありますので、他の方法よりも敷居が高いとされています。言語聴覚士の資格を取得したら医療現場などで働くことになりますが、リハビリは言語聴覚士単独で行うのではなく医師や看護師を始めとして多くの医療関係者と連携をしながら一緒に働くことになります。

Copyright© 2017 【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.