【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう

言葉の悩みを助けます

大学生

個別に対処法していきます

病気や事故から言葉を話すことができなくなったり、生まれつき聴力や視力の機能が弱く発音や認知をすることが苦手な人のためのサポートをする仕事があります。言語聴覚士を育成する学校では、このような話したり聴いたり食べたりする行為を潤滑に改善できるよう、さまざまな訓練方法を習得していきます。聴覚障害の場合、補聴器によるサポートを行います。聴覚障害も感音性難聴や伝音性難聴では補聴器の選定が異なります。また、その人に合わせて補聴器のフィッティングが必要になります。言語聴覚士育成学校では聞こえの構造をレクチャーしてくれます。また、話すことに障害がある際には声帯や舌の動きを知り、上手に動かす訓練方法を身に付けていきます。唇を動かしにくい人は食べ物を食べる行為も苦手なことがあります。咀嚼や噛み合わせが悪くなる摂食障害は、口角などの器官を動かすサポートをしていきます。言葉に関する障害は子供の発達障害からくるものもあります。知的に未発達だったり、対人関係がうまく築けない、中には脳の損傷から起こることもあります。言語聴覚士育成学校では、言葉の獲得のサポートをあらゆる面を考慮して検査、訓練、指導をしていきます。成人の場合の言語障害は失語症や記憶障害、認知症など加齢やケガからも起こるため症状や発声内容により個別にサポートの仕方を変えていかなければなりません。言語聴覚士育成学校でメディカルスタッフになって、このような人たちを支えていきましょう。

Copyright© 2017 【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.