【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう

募集の多い人気の職業

勉強

高齢化社会も影響

言語聴覚士は比較的に新しい職業であり、国家資格を要する職業です。言語聴覚士は将来性のある職業と言われ、ニーズが高く人気が高まっています。言語聴覚士の活躍の場は病院から介護施設、老人施設などです。リハビリを通じ、病気や障害をもっている方のコミュニケーションの回復を図り、自立や社会復帰をサポートします。また、補聴器メーカーなどの一般企業への就職も目立つ傾向にあります。言語聴覚士になるには、国が指定した大学や専門学校などの養成学校へ進学し、国家試験を受け資格を得る必要があります。そして国家試験を受け、合格する事で免許を受ける事となります。高齢化が進む現在、リハビリ職の必要性がより高くなっている事を背景に、言語聴覚士の養成学校も増えています。現在、言語聴覚士を含むリハビリ職は人数が足りていない状況にあります。その為、言語聴覚士のニーズは高く、医療、福祉、教育の現場を中心に求人数は多く、学校を出て資格を取っても就職できないなどの心配は無いと言えます。言語聴覚士は養成学校を出て、国家資格に合格すれば誰でも免許を得る事が出来ます。しかし、実際に社会で働いて行くには言語聴覚士としての適性も求められて来ます。特に、リハビリ職の仕事は時間を掛けてコミュニケーションの取れない患者を相手にする仕事であり、直ぐに成果が現れない仕事とも言えます。その為、忍耐力と根気が求められる職業であり、結果が出るまでやり抜く気持が必要になります。

Copyright© 2017 【人の生活を支える職業】言語聴覚士になるなら専門学校に入学しよう All Rights Reserved.